にしやん

記事一覧(4)

食を通じて関わる人々に元気を

弊社の求人サイトへようこそ、代表の平居俊昭です。 私と焼肉店との関わりは、親族が戦後の大阪鶴橋で始めた1軒の焼肉店です。当時の大阪鶴橋は、靴屋さんがメインの街で焼肉屋さんはまだまだ珍しい存在だったそうです。親族の中でも特に祖母からはずっと「肉食べて元気出せ。」と何かにつけては肉を食べさせられていた記憶があります。(何の肉かは分かりませんでしたが。)祖母は、「肉を食べると精神的にも肉体的にも元気になる。」(私は182㎝で健康体です。)「元気になれば周りが明るくなり、その場全員が幸せな気分に包まれる。」幼い頃の記憶に鮮明に残っている光景に、お店に来て頂いたお客様が帰る時に元気になって帰られる姿でした。ほとんどのお客様が「ありがとう。」の言葉と笑顔で帰っていく。そのお客様の後姿を誰よりも笑顔と元気で見送るお婆ちゃんが誇らしく大好きでした。お客様を笑顔で元気になって頂く為に、美味しい料理を気持ちよく召し上がって頂くためにどうするか。商売はお金も大事だが、元気のやりとりを常に考えて、他人を元気にすると自分も元気になり、元気が増大するそして周りの元気も引き合う、そんな法則を、お婆ちゃんから教わりました。 学生時代にサッカーをやっていました。学校として奈良県代表で全国大会に出場した高揚感と、奈良県選抜や関西選抜として出場した時とでは、背負う重さやモチベーションがだんだん大きくなっていき、自分の事よりチームの為にという考えが勝利(ゴール)に繋がることを、スポーツから教わりました。 自分のお店を持つという小さな夢は叶いました、次はもっと大きな夢を、たくさんの仲間とAZフードサービスという会社を通じて挑戦します。今の私達は焼肉以外は経験がありません。しかし会社理念を追求できるのであれば、飲食のジャンルや、他業種、県外、海外の展開も厭みません。みなさんの持つそれぞれのスキルを当社で活用して下さい。 当社のメインはフードを扱う外食産業で健康に関わっています。だからこそ世の中に必要でなおかつ希望とやりがいが大いにある素晴らしい業界です。AZフードサービスが食を通じて関わる人々に元気を与えることができれば、当社ももっと元気のある会社へと成長していく。より多い仲間の元気と情熱と勇気をかけ合わせて、物心両面の幸せなゴールを目指す。 解けない問題はありません。誰にでも挑戦する権利と実現する可能性が絶対にあります。「ゴールをこじあける」 その為には組織の拡大、会社理念を共感できる仲間との遭遇。「それはあなたです。」「まっています。」AZフードサービス代表 平居俊昭